無添加の基礎化粧品を購入する時には

基礎化粧品を選ぶ時に無添加を重視する人が多いですが、無添加とはどういうものでしょう。特に基礎化粧品の場合、無添加の商品にすることで、肌に優しい効果が期待でき、肌の健康に役立つ印象があります。しかし、無添加化粧品と謳っていいものはどんな化粧品なのかという明確な決まりはありませんので、ある種ものは言いようです。添加物にも合成物と天然成分がありますし、着色料や香料は入っておらず、保存料や酸化防止剤は入っている場合もあります。無添加と書かれている基礎化粧品の中には、着色料や香料は入ってなくても、界面活性剤は入っていて、肌によくない場合もあります。アレルギー症状にかかわっているパラペンが入っているような基礎化粧品でも、無添加化粧品という売り方をしている場合もありえます。基礎化粧品の中には、無添加と書かれている時には、香り、色、界面活性剤についての言及である場合もあります。どんな成分が含まれていないことをもって無添加といっているのかを確認し、自分が使う基礎化粧品を選択することが、ポイントになります。基礎化粧品の中には、無添加オーガニックを売りにしているものもありますが、オーガニック成分以外の原材料が使われている場合でもオーガニックと書かれていることがあります。わずかでもオーガニックの成分が入っていれば、記載しても問題はなしと考えているメーカーも少なくないために起きる現象です。保存性を高めるための成分が入っていないことから、無添加化粧品は使用期限が短かったり、冷蔵庫保管をしなければいけないこともあります。基礎化粧品を選ぶ時に、無添加であることを重視したいなら、配合成分表をチェックするなどして、確かめることが大事です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ