無添加基礎化粧品に配合されている成分について

無添加であると販売されている基礎化粧品であっても、選び方を間違えると化学成分がたくさん含んでいる商品を選んでしまう恐れもあります。お肌にかかる負荷を軽減したい時には、基礎化粧品を選ぶ時に無添加のものにすればいいと思っている人もいます。これから使う基礎化粧品を決める時に、無添加なら大丈夫という選択基準で選ぶことは、あまりいいことではありません。基礎化粧品とは、お肌の健康状態を向上させるために利用するスキンケア用品です。販売されている商品の表示をよく見てみると、無添加とあるけれども何が無添加なのかは書かれていない場合がほとんどです。広告表示上では、添加物として指定されている成分が入っていないものを無添加と書くことができるので、添加物が入っていないわけではありません。化粧品表示指定成分とは、アレルギーを引き起こす可能性がある成分のことを指しています。注意すべき点として、化粧品表示指定成分が指定された後に開発された新成分は指定対象になっていないことがあります。化粧品表示指定成分には入っていないけれど、新しくつくられた添加物相当成分であるという可能性は高いのです。そのような新しい成分が配合されている基礎化粧品でも、化粧品表示指定成分が使われていないから無添加と書かれていたりもします。多くの基礎化粧品には、何が無添加なのか明記してあるので、購入する時にはしっかり確認するようにしましょう。どんな成分が含まれている基礎化粧品なのかをチェックして、安心して使えるものかどうかを自分の判断で見きわめた上で、購入するように心がけましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ