無添加成分によって適する基礎化粧品を選択する

お肌のお手入れをするために、肌に合う無添加の化粧品を見つけ出したいものです。ナチュラル化粧品や、オーガニック化粧品が、消費者に好まれているようです。安全で体に優しい無添加基礎化粧品を選ぶ消費者が年々増加しています。その背景には、数年前に起きた大手化粧品メーカーによる基礎化粧品の回収騒ぎがあります。世間でも注目された事件であり、はっきりと被害を受けた人、商品を回収してもらった人以外にも、より大勢の人が関わっていたと考えられています。美白成分のロドテノールが原因になっていますが、この成分で起きる白斑は、改善することが困難と言われています。基礎化粧品に含まれ、白斑をつくる可能性が高い成分としては、ロドテノール以外にも、ハイドロキノンモノベンジルエーテルやハイドロキノンがあります。幸い、使用量を間違えなければ白斑ができる可能性は低いので、規制されずに美白成分として基礎化粧品に使われて続けています。成分無添加を大々的に謳っている商品であっても、全てが無添加基礎化粧品というわけではないのです。無添加とは、特定の物質が使用されていないことを表すだけであり、何が無添加なのかはその化粧品によるものです。確かに、添加物として指定されているいくつかの成分が使われていないものは無添加化粧品といいますが、防腐や殺菌の目的でそれ以外の成分が使われていることも珍しくはありません。基礎化粧品は、朝晩お肌につける、とても大事なものです。無添加で、肌との相性がよく、皮膚の奥へと浸透させ続けた時に悪影響がないかどうかを考える必要があります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ