紫外線対策や化粧品で美白を目指す方法

肌を白くするために、美白化粧品などを用いたスキンケアだけでなく、美白にいい食べ物を食べるという人がいます。美白するには、紫外線対策が重要ですので、帽子をかぶったり、日焼け止めを塗るように気を配りましょう。肌のくすみやしみの原因になるメラニンを抑制する美白化粧品も、役に立ちます。日焼けをした直後の肌は乾燥しやすくなっていますので、化粧水をつけるといいでしょう。肌を紫外線で焼いた後は、やけどの状態に近くなっていますので、化粧水で水分を補う前に、一旦冷やしてお肌を落ち着けましょう。美白化粧品の効果は個人差があるため、最低でも3ヶ月は使うのがお勧めですが、3ヶ月使って効果が実感できなければ、他の美白化粧品を試す方が良いでしょう。抗酸化作用がある食べ物を、日々の食事で食べ続けることも、美白のためには効果があります。ビタミンCやビタミンEは強い抗酸化作用があり、別名抗酸化ビタミンとも呼ばれています。この他、緑黄色野菜を摂取することで、ビタミンCやEが補充できます。ビタミンCは、熱をかけると壊れてしまう性質かありますので、できれば生の状態で野菜は食べるようにしましょう。フルーツを食べる時は、ビタミンC、Eの多いキウイが適しています。また、豆乳や、豆腐、納豆にも、L-システインという美白成分が含まれています。毎日のスキンケアや食事内容の見直し、紫外線対策グッズの使用など、美白に役立つ方法はいろいろあるので、まずはできることからはじめてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ