正しい洗顔で美白の肌を手にいれる

お肌を白くしたい人は、美白化粧品の使用もいいですが、洗顔の方法を見直すことも大事です。顔の洗い方を知ることで、洗顔ケアを生かした美白をすることができるようになります。化粧汚れや、皮脂汚れを洗い落とすことが、洗顔の第一の目的です。お肌に必要な皮脂やお肌のうるおいを保つセラミドまで洗い流してしまうケースが多く見受けられます。洗顔のやりすぎで、肌の防御機構に必要な部分まで失われると、にきびができやすくなったり、肌がかさかさになったりします。洗顔剤を泡立てる時は、手のひらや、泡立てネットで、きめ細かい泡をたっぷりつくるようにします。顔を洗う時には皮膚をこすらずに、泡を額や鼻、顎などの油脂が多い場所を中心にして広げていくようにします。目の周囲や、口もと皮膚が薄く乾燥しやすいので、泡を乗せる程度の洗い方で十分効果を発揮します。洗顔料で洗ったら、ぬるま湯で入念にすすぎます。泡が顔に残らないように注意して、20回以上はすすぎましょう。すすいだ後は、決して肌表面をゴシゴシこすらずに、丁寧におさえるようにして優しく水分を拭き取ります。洗顔後のスキンケアも美白のためには大事です。角質層が水分不足にならないように、化粧水で水分を補います。適切な洗顔のやり方を覚えて、美白ケア効果が出るようにしてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ