しわやたるみについて

年をとるとしわやたるみが目立ってくるため、肌の若さを保つには普段からのスキンケアが重要です。自分の顔を鏡に映して、しわやたるみの多さに驚くということもあります。だんだんと年齢を重ねるうちに、しわやたるみが知らないうちに増えていたという話はよくあることです。顔は目立つところですが、まぶたのハリがなくなってきて落ち窪んでくると、とても疲れたような印象になります。皮膚がたるみ、あごのラインのシャープさが失われると、若々しいイメージがなくなって年老いたふうに見えます。実年齢よりも年寄りに見える要因の一つに、目尻や口許に小じわができて、たるみが増すことにあります。皮膚がたるむのは、不健康な食事や、紫外線による光老化で、肌の弾力が低下するためです。肌の保湿にかかわっているヒアルロン酸は紫外線の影響で壊れてしまいますし、光による老化作用を受けることで弾力がなくなり、しわができやすいお肌になります。皮膚は頭皮からつま先まで一枚の皮でつながっているので、頭皮をマッサージすることでリフトアップして、たるみを改善することができます。しわの種類にはいくつかあり、眉間やおでこの横じわ、目じりの笑いじわなどがあります。小鼻から口もとにかけてほうれい線のしわができるのは表情変化や生活習慣によってできるものだといいます。お肌にできたしわやたるみを解消するには、精神的なストレスを緩和することや、バランスのとれた食生活をこころがけること、洗顔やスキンケアを正しく行うことが大事です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ