しわやたるみを予防するには正しい洗顔を

しわやたるみの予防に有効的な方法として、毎日の洗顔とスキンケアがあります。たるみや、しわの目立たないお肌になるためには、お肌にいいものを積極的にメニューに組み入れたり、お肌のマッサージをすることです。真冬でも、天候の悪い日でも、紫外線は地表に降り注いでいますので、きちんと対策を講じるようにします。紫外線で肌を焼くことは、昔はある程度は推奨されていましたが、近年では紫外線は肌を損なうものとされています。紫外線を浴びた肌は老化を促進し、乾燥しやすくなって、肌トラブルを引き起こすと言われています。紫外線を浴びることによって起きる肌の乾燥や色素沈着が原因で、肌の老化が進んでしまいます。紫外線によるダメージを少しでも回復させるために、特に日常の洗顔と洗顔後のスキンケアに気を遣う必要があります。クレンジング剤を使って顔を洗う時には、汚れが浮き上がってくるように、皮膚の上にそっとクレンジングの泡を乗せます。汚れを手でこすり出すのではなく、顔の隅々まで乗せた泡で汚れが自然に溶け出してくるように、軽く伸ばしていきます。ぬるめの湯で顔をすすぐことも、洗顔では大事な点です。熱めの湯で顔を洗うと、お肌のバリア機能を担う油分まで洗い流してしまいます。顔を洗い終わったら、化粧水をコットンに含ませるか、手のひらに乗せて、たっぷりと皮膚に与えましょう。この洗顔方法によって、紫外線で奪われた水分を肌に与えて、閉じ込めることが出来るようになり、しわやたるみの対策に役立ちます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ