しわやたるみは加齢だけが原因ではない

しわやたるみは若い人には関係の無いことで、加齢による肌老化だけが原因と思っている人が少なくないようです。年をとっても若々しい皮膚のままでいたいと考えているならば、普段のスキンケアを丁寧に行うことです。肌に合わない化粧品を使っていたり、紫外線を皮膚に浴びる時間が長かったり、ストレスの多い生活をしていると、皮膚は荒れやすくなります。加齢は止められませんが、日々のお手入れと心がけでしわやたるみのない美しい肌を目指すことは誰にでも可能なことです。しわやたるみにはそれぞれタイプがあるので、状況に適した対策方法を取ることで、より高い効果が得られます。お肌の水分不足が原因で、皮膚のハリがなくなって自重でしわができるようになったり、表情の癖が眉間や目元のしわになったり、皮膚の薄い部分にちりめんじわができたりします。小じわは乾燥を防ぐスキンケアで対処すれば深刻にはなりにくく、表情じわは自分の表情のくせを知ることで予防になります。精神的なストレスや、紫外線を浴びることで、保湿成分であるヒアルロン酸や、コラーゲンが少なくなり、肌のしっとり感が失われることがあります。表情筋を刺激するトレーニングを行うことで、筋肉で皮膚を支える力を強化し、たるみやしわのない状態になります。ところが角質層の衰えは再生が難しく、20代のうちは潤沢にあった保水力、弾力性は失われてしまいその結果重力に引っ張られて下垂してしまいます。張りや潤いに満ちているはずの若い肌がたるむのは、しわと同じように紫外線やストレスのせいで角質層が傷つくからです。お肌のしわや、たるみをできるだけつくらないためには、紫外線から肌を守ることや、規則正しい生活を送ることが重要です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ