ヒアルロン酸を胸に注入してバストアップする方法

ヒアルロン酸を胸に注入してバストアップする方法,バストアップ効果がある美容施術には様々なものがありますが、ヒアルロン酸の注入もその一つです。ヒアルロン酸はゼリー状の物質で、肌の潤いを閉じ込めたり、関節の中でクッションの役割をしています。ヒアルロン酸は体の中でつくられる成分と一緒のものですから、体内で悪影響を及ぼす心配などがありません。麻酔をしてからヒアルロン酸を注入するので、痛みが少ないことも魅力です。ヒアルロン酸を注入すると、皮膚が張った感触がありますが、じきに慣れます。施術にかかる時間は20分くらいと短時間ですし、身体にかかる負荷も少ないので、軽い気持ちで施術がうけられます。豊胸手術には、脂肪注入や、豊胸バックを挿入する手術などの手段がありますが、ヒアルロン酸を注入するほうが安価に受けられます。バストアップに注入したヒアルロン酸は、2年くらいかけて徐々に吸収されて、次第に元のサイズに戻っていきます。施術によって大きくなった胸のサイズを維持するには、定期的にヒアルロン酸を注射することです。ヒアルロン酸を注入する時には、脇の下や、乳房の下に小さな穴をあけて、専用の管を挿入します。施術後、回復するまでの時間が短く済みますまで、次の日から普段どおりの生活をすることが可能です。バストアップのためにヒアルロン酸を注入するという方法に関心がある人は、美容クリニックを調べてみるといいでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ